上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
終戦後早2日、終わった直後のショック、悔しさは随分癒えてきたように思います。
でもセリーグの試合での中日の圧倒的な強さを観ていて、またまた悔しさが込み上げてきたりして・・・

ホークスほどではありませんが、中日にもブランクがあったわけですが、中日の方にはあまり影響は無さそうですね。

しかしどうしてうちはあれほどに打てなかったんだろう・・・
このシリーズで、ホークスが完全に自力で取った点はほんの僅か。
チームの選手揃って打てませんでしたからね。
山崎がホークスのリーディングヒッターですよ@_@;
かと言って、山崎がラッキーボーイだったわけでもなし。


「ホークスの選手よりもロッテの選手の方の気迫が勝った」
こういう声が聞こえてきます。私もそうだと思います。

選手達は勿論勝ちたい気持ちでいっぱいだったと思うし、ロッテの胴上げを見つめながらの涙が、負けた悔しさを物語ってはいました。

でも何かが違った・・・

その違いこそが、最終戦後にここに書いた成瀬とホークス投手陣の球数の差という数字に表れてきたのかと思えてなりません。

西武とのあの最後の3連戦のホークスには、確かに凄い気迫があった。
今思えば、あそこでついたチームの勢いが、優勝が決まった瞬間に燃え尽きてしまったのかと。
一度リセットされた気持ちが再び燃え始めるには、あまりにも間隔が開きすぎました。
しかも春のオープン戦ほど実戦が積めるわけではありませんからね。やはり厳しい。


結局不完全燃焼のまま調整期間を過ごしてしまい、いざ本番へ。
ほんの5日前に西武のエース涌井と投げあったばかりの、気合充分の成瀬にやられてしまいます。

と言うか、成瀬と言うよりも、私は元ホークスの的場にやられたと思っています。
このシリーズ最終戦の成瀬は里崎と組んだわけですが、随分と攻め方が違っていました。
里崎は外角中心に配球していたのに対し、的場は内角中心に攻めてきていました。
しかもホークスの打者がストレートに振り遅れていると見るや、ストレート中心に。
そこにコントロール良く、外に変化球を投げられるものだから全然合わない。
元々緩急に弱いホークス打線は手玉に取られてしまいます。

ホークスの各打者は、初日で完全にバッティングを崩されてしまったのかもしれません。
それを最後まで修正できなかったことが、貧打のまま終わってしまった原因なのでしょう。
このシリーズのMVPは成瀬が獲得しましたが、影のMVPは的場だったと言えそうです。

昨年の田上の活躍から、城島を本気で捕ろうとせず、さらには的場も戦力外通告。
そのホークスはこの一年捕手に苦しみ、CSでは的場に苦しめられる。皮肉ですね。

ホークスの選手に、西武3連戦以後の気迫が無かったことを如実に示す良い例が第5戦でも見られました。8回裏のホークスの攻撃の時です。
本多、オーティズの連打で1点差に差を縮め、尚ノーアウト2塁の場面。
数少ないチャンス、西武戦の時の小久保なら、バントをしてでも確実にランナーを進める事を考えていたでしょう。しかしここでは、右打ちでランナーを進めたい気持ちしか頭に無かったようです。

あの場面は、4番打者として思い切って引っ張って長打を狙いにいくか、
進塁させたいのであれば、初球バントで確実に送る事を考えてもらいたかった。
ワンアウト3塁にしていれば、犠牲フライでも同点に追いつけるわけですし。
本人も打線も湿っていることを考えれば、バントの方がやはり固かったと思います。
キャッチャーの里崎も、小久保の右打ちの意識を完全に読んでいたみたいです。
「右打ちは簡単にはさせないぞ」という配球で三振に取られてしまいました。

シーズン終盤の勢いのあった時期のホークスは、小久保だけでなく、オーティズが
「小久保さんもやるのなら自分も」とバントを決めてみせたり、多村もまたバントの
構えを見せて相手を動揺させたり、と意表を突いた攻撃が出来ていました。
このシリーズでは、そういった「何が何でも勝つ!」という気迫というか姿勢が
ほとんど見られませんでした。そこが残念でなりません。


・・・と、打者についてのことだけで長文になってしまいました。
他にも投手のこと、守備のこと、監督采配を含めたベンチワークのこと、色々と思うところはあるんですが、それは明日以降に書くことにします。


今日のところは最後にもうひとつ。多村のメジャー行きの報道がされています。
マスコミ報道しか目にしていない段階ですので、あまり突っ込んだことを言う時期ではありませんが(ダルビッシュ報道にしろ、マスコミ報道はあてになりませんし。ダルビッシュも中島も残留が確定的になると、今度は西岡だそうです。マスコミは何が何でもメジャー移籍ネタが欲しいようで・・・)、もしその多村の気持ちが本当なのなら、別に引き留める必要はないと思います。
要するにホークスから気持ちが離れているということなんでしょうから、無理に引き留めたところで、ホークスの今後のためにならないと考えます。居なくなれば痛い戦力であることは確かですがね・・・








スポンサーサイト
10/21|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
H 0-7 M

勝利投手 [ ロッテ ] 成瀬(2勝0敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 杉内(0勝2敗0S)

本塁打 [ ロッテ ] 大松 2号(8回表2ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010101901/top


終わりました。
残念ですが、これが現実です。受け入れるしかありません。


「リーグ優勝していないチームは日本シリーズへは行けない」というジンクス、
「ホークスはプレーオフでは勝ち上がれない」というジンクス、
どうやら”ホークスのジンクス”の方が強力だったようです。

リーグ戦の日程的な事情や優勝が決まったタイミングという事情もありますが、
リーグ優勝のセレモニーよりもCS優勝のセレモニーの方が盛大だったという皮肉なオマケ付きの終戦でした。

ともあれ、日本シリーズ進出はロッテに決まりました。
ロッテには、パリーグの代表としてセリーグと良い試合をしてもらいたい。
そんな期待もこめて「おめでとう。日本一になってください」と祝福いたします。


さて、今年のクライマックスシリーズ、及びレギュラーシーズンについての総括については
明日以降に書きまとめることにします。

今日は今日の試合について簡単に。


結局最後まで打てませんでしたね。
レギュラーシーズンの終了からブランクがあったというのは事実ですが、
このファイナルシリーズも6戦目。言い訳には出来ませんね。
最後の最後まで貧駄線のままでした。

第1戦同様、今日の成瀬が良かったのも事実です。
しかし完投した成瀬の球数は113球。
ホークスの投手陣全員の球数の合計は160球。
しかもホークス投手陣は杉内、森福、和田、ファルケン、攝津です。
エース格二人と12球団最強のセットアッパーの面々。

これは何を意味するのか?

ホークス駄線があまりにも淡白すぎた。あまりにも工夫がなさすぎた。
ロッテの各打者と比べて、ホークスの各打者の粘りがなさすぎた。ということ。
これはこの試合に限らず、CS6戦、レギュラーシーズンにも言えたことです。

戦前の下馬評では「投手陣が圧倒的に勝るホークスが有利」というものでした。
しかし投手陣が良くても、打てなければ勝てない、点が取れなければ勝てない。
結局そういうことです。


今日7失点してしまったホークス投手陣ですが、私は投手陣を責めるつもりはありません。
この素晴らしい投手陣がシーズン通して頑張りぬいてくれたからこそ優勝できたのですから。
そしてクライマックスシリーズ最大の6試合を楽しむことができたのですから。




まさしく「和」の勝利でした。おめでとうございます。










10/19|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
H 2-5 M

勝利投手 [ ロッテ ] 内(1勝0敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] ファルケンボーグ(0勝1敗0S)

セーブ [ ロッテ ] 小林宏(0勝0敗2S)

本塁打 [ ロッテ ] 清田 2号(9回表2ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010101801/top


最初に断っておきますが、私は秋山監督(と言うか選手)は大好きでした。
このブログは一ファンによる井戸端談義的な無責任ブログですが、これまでも
散々と監督批判を書いてきました。
本当はこれ以上無責任な監督批判は書くまいと思っていたのですが、
今日の試合を観て、これは書かずにはいられません。

監督が石橋を叩いて叩いて叩き壊しました!

今日の負けは完全に継投ミスです。
あの継投がロッテに勢いをつけてしまいました。
「気持ちが弱い」と大隣が評されますが、一番弱いのは秋山監督です。


大隣は9月12日の日ハム戦の好投と並ぶ最高のピッチングを見せてくれました。
5回を被安打2、無死四球、7奪三振、無失点、球数も69。
一体どこに大隣を代える要素がある?

百歩譲って交代させるとして、何故6回にファルケンボーグ?
シーズン中にだって6回早々にファルケンを出すなんてなかったでしょう?
しかもシーズン中滅多に無かったイニング跨ぎ。

確かにこのシーズン、ファルケンボーグの功績は大きかったですが、
それにしてもいつもの継投パターンを変えて登板させるなんて過信もいいとこ。
いつもの継投パターンを踏襲してあそこは金澤か甲藤で良かったはず。
そして7回からSBMで締める。それが今年の勝利パターンでしょう。

とにかく何度も書きますが、今日の大隣を69球で代える理由がわからん。
確かにやや5回に多少のほころびはありましたが、長谷川のナイスプレー等
バックとの信頼関係を築きつつ、しっかりゲームを作っていました。
今日の大隣は間違いなく絶好調だった。
そこに敢えてこのシリーズ一度も登板していないファルケン、つまり状態が
ハッキリしていない投手に直接繋ぎますかね。

6回こそ3人で片付けましたが、球の走りはいつものファルケンではなかった。
そして7回もファルケンに続投させ打ち込まれてしまいます。
ファルケンボーグという絶対的な投手を打つことで、完全にロッテに勢いを
つけさせてしまいました。
その後慌てて攝津に代えますが、あの勢いは攝津にも止められません。

シリーズ通して勢いの無かったロッテ打線に勢いを与えてしまった。
これはあの歪な継投策に踏み切った秋山監督の大失態です。

さらには森福の時もそう。
延長を考えてのイニング跨ぎだったのでしょうが、9回は引っ張りすぎ。
8回は森福も無失点に抑えていますが、内容があまり良くなかった。
9回の西岡に長打をくらったところで代えるべきだったと思います。

こうやって書けば「タラ・レバ」論のようですが、正直観ていて、6回のファルケン
にしろ8回の森福にしろ、いつもの彼らの投球ではないと感じました。
それよりも5回の大隣の方がずっと良い球を投げていましたよ。
このあたり、続投か継投かの秋山監督の判断基準に疑問を感じざるをえません。


勿論駄線も敗因のひとつです。
何でこれほどにチャンスに弱い打者ばかりなんでしょうかね。
小久保とオーティズは良いところで打って打点を挙げていますが、オーティズの
打点はむしろ本多の好走塁のお陰ですからね。
あれが無かったら、あの回も無得点のまま終わっていたかもしれません。
事実、本多がホームを踏んで尚ノーアウト2塁、後続は三者凡退ですからね。


とうとうロッテにも王手がかかってきました。
要するにアドバンテージを除けば2勝3敗と負け越してしまったということ。
勝った2試合にしても相手の半自滅による勝利です。
これでは、仮に明日勝てたとしても素直に喜べませんね。
いっそのことロッテが日本シリーズに進出する方が相応しい気すらしています。
って言うか、”どっちもどっち”というのが、このシリーズの戦い方ですがね。

ロッテ対巨人、ある意味こんな日本シリーズが実現してしまうのも面白いと思いますがね・・・
シーズン3位同士で争う”日本一”・・・なかなか滑稽で乙なものです。


さて、状態が悪いながらも121球の力投を見せた杉内。
中4日でどんな投球をしてくれることか・・・

一方の成瀬も中4日、中4日ときています。
が、前回の投球を見る限り、あまり関係無さそうですね。
果たしてホークス駄線が打つことができるものか・・・

杉内が0点に抑えて、SBM継投で引き分けに持ち込まない限り日本シリーズは無いような・・・




ここまでは良かったんです。最少得点ながら無失点、流れはしっかり掴んでいました。









10/18|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
H 2-4 M

勝利投手 [ ロッテ ] 渡辺俊(1勝0敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 陽(0勝1敗0S)

セーブ [ ロッテ ] 小林宏(0勝0敗1S)

本塁打 [ ロッテ ] 今岡 1号(2回表ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010101701/top


今日も8回までに4安打、しかも無得点。
負けてもまだ有利には変わりありませんが、このまま終わってもらいたくなかった。

しかし最終回に本多が4安打の呪縛を解くヒットを放つと、松中、小久保の連打。
ようやくこのシリーズ初の3連打で1得点して渡辺俊介をマウンドから引きずりおろし、
さらにコバヒロから2つの四死球でもう1点追加。

今日のところはこれで満足しています。
欲を言えば、このシリーズ最高打率の(笑)山崎にあと1本が欲しかったところですが。

個人的には多分明日投げる大隣のピッチングも見たかったので。
って言うか、今日が大隣でも良かったと思うんですがね、私は。

陽の立ち上がりは悪くなかったと思います。ストレートのキレはいつもの陽でした。
でもやっぱり、ここぞのコントロールでの不安もシーズン同様なんだよな。
それは大隣も同じかもしれないけど。

これもコントロールミス。打ち頃だな・・・



書いたとおり、9回にようやく連打が出ましたが、明日は初回から頑張ってもらいたいですね。
とにかく打てないことには、球場も盛り上がりませんから。
今日の最後のあの盛り上がり、あれこそがホームで試合が出来る最高の強味です。
あの雰囲気を早い段階で作ることが出来れば怖いものはありません。

ただ今日の場合、本多の牽制死が痛かったですね。これが無ければ違った展開になった
かもしれません。しかし今年2度も本多を刺すとは、俊介どんだけ牽制巧いんだ・・・




明日の大隣ですが、やはり投げてみなければわからないという不安はありますが、
向こうのピッチャーも大隣より良いピッチャーが出てくるとは思えません。
多分コーリーでしょ?一部報道にもあった大嶺なら嫌ですが・・・

(追記)
どうやら大嶺が投げるみたいですね・・・@_@;
西村監督、本人の調子よりも相性を選んだか・・・
今年一度完封されてますが、あの時も不安定な立ち上がりを攻められなかった。
明日は絶対に序盤から攻めていかなければなりません!
(追記以上)

ピッチャーもですが、今はとにかく打線が打つことです。
相手のミスが無ければ点が取れないという状況のまま勝てたとしても、
パリーグの恥をさらすようなものですからね。

あと、松中の打球で衝突して倒れこんだ西岡と清田、ちょっと心配されましたが
無事だったようで良かったです。



ロッテの主力を欠いたまま勝てても、「だからホークスが勝てた」なんて言われるのも
面白くないですしね。











10/17|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
H 1-0 M

勝利投手 [ ソフトバンク ] ホールトン(1勝0敗0S)

敗戦投手 [ ロッテ ] マーフィー(0勝1敗0S)

セーブ [ ソフトバンク ] 馬原(0勝0敗1S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010101601/top


勝ちました・・・スミ1で^^;
なんとか日本シリーズに王手です。

しっっかし低レベルなファイナル・シリーズだな~。
投手がよく投げているからとも言えるんですが、それにしてもね~@@;

昨日、今日と連勝してはいますが、2戦ともロッテの自滅。
世間で言われているほどロッテに勢いは無いという私の見方は間違いなかったと
思いますが、しかし打線の勢いの無さはホークスの方が重症のような気がします。
それでもなんとか王手をかけられたのは完全に投手陣のお陰です。

ホールトン、良かったですね。今年一番と言っても良いのではないでしょうか。
とにかくストレートの力強さが素晴らしく、一番良い時のホールトンに戻っていました。
そのストレートをどんどん投げ込ませていた、山崎のリードも光っていたと思います。

森福や攝津の安定感も抜群ですし、1点差ではちょっと不安だった馬原も良かった。
ホークス同様に低調のロッテ打線ですが、ホークス投手陣の質の高さゆえでもあるでしょう。


それではロッテの投手陣の質も良いから、ホークス打線が打てないんでしょうか?
それは絶対に無いですね。明らかに貧駄線化してしまっています。

何しろこの3戦全て4安打ですよ・・・
成瀬が良過ぎた初戦は仕方ないと思いますが、昨日今日の4安打というのはね。
特に今日のマーフィーは打ち崩さないといけないでしょう。

今日小久保の最後の打席、本人もホームランと確信した当たりがフェンス直撃。
ホームランだと確信したゆえに、ゆっくりと走り出したためシングルヒットとなります。
ガッツポーズを見せるほどの手応えだったようですが、これって小久保の感覚が
鈍ってしまっていることを意味するのではないでしょうか。
小久保の不調振りを露呈した場面だったように思います。

この小久保の自分の打球の誤判断は、ヒットではあっても走塁ミスという形。
3回には2塁ランナーの松中が、多村の打球の判断を誤って暴走するという
シーンがありました。
小久保と松中、二人のベテランの試合勘はなかなか戻ってこないようです。

このファイナル・ステージでは、ホークスのホームランが出ていません。
ホームランが期待できる選手達が揃って絶不調とあってはね・・・


これを書いている時点で明日の先発投手はまだわかりませんが、陽でしょうか。
陽にしろ大隣にしろ不安がある投手ばかりです。
ロッテも投手事情は同じですが、打線を考えればロッテ有利のような気がします。
今日のホールトンのように先発投手が安定したピッチングをしてくれるか、
首脳陣の見極め次第でしょうな。




これは最悪だったな~@@これにもめげなかったホールトンは立派です










10/16|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。