FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 9-3 M

勝利投手 [ ソフトバンク ] 和田(17勝8敗0S)

敗戦投手 [ ロッテ ] コーリー(4勝4敗0S)

本塁打 [ ロッテ ] 井口 16号(1回表2ラン) 、井口 17号(3回表ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010092305/top


西武戦の勢いそのままの初回の8得点。ここでゲームは決まりました。
セーフティリードで淡白な攻撃になる癖は相変わらずでしたが、それでも最後がまた良かった。
単に勝っただけでなく、尻すぼみに終わらなかったところに安心しました。

それにしても西武との最終戦と同様、最後の最後に痺れさせてもらいました^^
ファルケンボーグがまさかの3連打で、ノーアウト満塁のピンチで急遽マウンドに上がった森福。
「1~2点は仕方がないな」と思いながら観ていたのですが、なんと無失点で切り抜けます。
本当にホークスになくてはならない投手に変貌しましたね。シーズン序盤のグダグダ振りが信じられません。大したもんです。

先発の和田も絶好調と言える内容ではなかったものの、よく投げてくれました。
(本人はむしろ好調で体が軽すぎて調節に苦労したそうです)
何だかんだ言っても、7回を投げて3失点、奪三振10ですからね、数字上はいつもの和田だったと言えるでしょう。

攝津もいつもどおりのナイスピッチングでした。
ファルケンボーグは・・・まあ、たまたまでしょう。次は抑えてくれるはず。


打線も初回はよく繋がりました。相手のミスや、技量不足の審判にも随分助けられましたが、そこも勢いの内でしょう。
オーティズのバントという奇襲にも驚かされました。でも意外と上手いですね。ちょっと危なかったけど^^;(あれはサインではなかったそうです、秋山監督も驚いたらしい(笑)


とにかく優勝のためには1試合も落とせない状況ですが、こういう形で本拠地最終戦を締めくくられたのは大きかったと思います。
残り2試合とも敵地で戦うことになりますが、なんとか勢いを持っていくことが出来そうですね。
そういう意味では、今日の試合のヒーローは森福だったと私は思います。


これを書いている時点では、まだ西武戦は始まっていません。もし西武が負ければホークスにマジック2が点灯。西武にかかるプレッシャーも相当のものでしょう。そちらの試合も楽しみです。












スポンサーサイト
09/23|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
H 0-3 M

勝利投手 [ ロッテ ] コーリー(4勝3敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 山田(4勝4敗0S)

セーブ [ ロッテ ] 小林宏(3勝1敗27S)

本塁打 [ ロッテ ] 西岡 9号(1回裏ソロ) 、井口 14号(1回裏ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010091605/top


「チャンスがある限り優勝を」と宣言するチーム同士の戦いだとは思えません。
見事なまでの駄線同士の糞試合でした@@
よくもまあ、こんなロースコアの試合になったもんだ。

ロッテは何度もホークスから提供されるチャンスを潰しまくり。
ようやく取れた追加点も、痺れをきらしたホークス側の厚意により献上されたもの。
最後の最後にノーアウト満塁を小椋に抑えられたときには思わず呆れ笑いが出ました。

ホークスもチャンスは作りますが、あと一本が出ない病は克服できない。
ちょっと以前までは、駄線は繋がらなくても、ホームランでは点が取れていましたが、
そのホームランも出ない状況。

9月に入ってからの多村以外のホームランって、松田が2本、松中が1本だけ。
松田は1日と5日、松中は9日。多村以外は9日以来誰も打ってません。
因みに好調の多村ですら9月4本。つまり9月のチーム本塁打数は7本だけです。


もう書き飽きましたが、どんなに早め早めの継投で良いピッチャーをつぎ込んでも
点が取れなければ勝ちようがありません。結局は投手の無駄遣いです。
ジョニー黒木さんは、ホークスベンチの早めの継投を高く評価していましたが、
結果的には攝津や甲藤の不安定さを露呈してしまっただけ・・・。
初球危険球退場の甲藤のショックは相当大きいはずです。
危険球退場、ホークスでは昨年の大場以来かな。


ところで昨日の大場のように、四球連発したりすると川崎や小久保による目を吊り
上げての公開説教が展開されますが、エラー連発の野手やチャンスで凡退を繰り返す
選手達はお咎めなしなんでしょうか?
選手によっては、エラーひとつで即雁ノ巣送りという気の毒な選手もいるようですが。


西武も負けてくれているのに、今日もまたまたお付き合い。
どうしてもヤフードームで、目の前の胴上げが見たいようです。
選手は見たくても、ファンとしては絶対に見たくはないのですがね。

涌井から点が取れるのか?帆足から点が取れるのか?




清田は大丈夫で良かった。これはしかし今後のホークスにとっても痛い・・・











09/16|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
H 9-0 M

勝利投手 [ ソフトバンク ] 和田(16勝8敗0S)

敗戦投手 [ ロッテ ] 渡辺俊(8勝8敗0S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010091505/top


和田については心配はしていなかったのですが、今のホークス打線に
渡辺俊介を打つことが出来るのか?それが心配でした。
まさかこんな展開になるとは・・・^^

渡辺俊介にしてもそうですが、今日はロッテサイドの半自滅でしたね。
まあ、昨日はホークスの自滅敗戦だったわけですが、実はロッテにも
痛いミスが散見されました。
その不安定さが今日一気に噴出した形です。

ホークス側は和田の好投もあり、非常に締まったゲーム運びでした。
最後の大場を除いては・・・

その大場、残念ながら今期は厳しいですね。
ジョニー黒木さんが言うとおり、”周りが心配そうに我が子を見つめるような思い”
になってしまっています。私もまさにそんな気持ちで観ていました^^;
大隣にもそういうところがあったのですが、彼はそこを抜け出しつつある。
非常に期待のかかる、と言うかホークスにとって、絶対に伸びてもらわないと
困る投手のひとりですし、なんとか奮起してほしいものです。


初回、ランナーがいるところではなかなか打てないペタジーニのタイムリーは
ありましたが、打線全般にみて、目だった活躍はやっぱり多村だけ。
特に7回以降は無安打に抑えられています。
今日の9得点はむこうの半自滅だし、相手投手の質から考えても、打線が
上向きだとは思えませんね。

ただ初回の川崎と本多の走塁は見事でした。
やっぱりこの2人の活躍があれば点に結びつくんです。
川崎と本多が、残りの試合の勝敗の鍵となるでしょう。


和田については言うことはありません^^
本人が言うとおり、立ち上がりは少し力みがあったようで、多少不安定さが
ありましたが、回を追うごとに立ち直っていけるところはさすがです。
7回を7安打されてはいますが、球数をかけながらも要所を締めて無失点。
四死球1、奪三振9。そして金子に並ぶ16勝。ナイスピッチングでした。


オリックスも頑張って西武に1点差まで追い上げたようですが、
結局西武が逃げ切ってマジックは5。
他力本願的に明日のオリックスにも期待したいけど、オリックス先発の
対西武の防御率がまさかの9.82 ・・・@_@;

最短での胴上げはヤフードーム2戦目か・・・
いや、ヤフードームで胴上げなんかさせてはならない!

明日は山田とコーリー。
コーリーは以前にドームで打ち込んではいますが、2度目の対戦ということで未知数。
山田次第か・・・先週は良かったので期待したいところ。
勝てるよね・・・


最後のハイタッチのところ、小久保が大場の頭を帽子でパシッ!(笑)目がマジです。怖っ^^


この後元ホークスの的場も負傷退場しますが、的場は大事には至ってないとのこと。










09/15|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
H 4-5 M

勝利投手 [ ロッテ ] 古谷(3勝0敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 馬原(5勝2敗31S)

本塁打 [ ソフトバンク ] 多村 26号(7回表3ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010091405/top


もっったいない@@
普段飼い殺し状態の選手のエラーで終了。
仕方ないと言えば仕方ない。
だって、もう随分前から1軍ベンチに入っていたと思うけど、
その間守備固めの出場すらなかった選手でしょ、確か。

それにしてもミスが多い試合でした。
毎日試合に出ている選手ですら、エラーを犯してしまう。
名手の本多にもエラーがありました。
それほどのプレッシャーのかかる試合だったわけです。
その上、ワンアウト満塁、ホーム封殺しなければサヨナラ負けという場面。
今日の明石のエラーを責める気にはなれません。


それより6回までの相変わらずの貧打ぶり。そして駄線ぶり。
滅多に試合に出してもらえない選手のエラーより、問題はそこですよ。
1回、2回、5回にヒットは出るも、直後に併殺打。
一昨日の大隣の好投を、マーフィーにやられたような感じ。
実際の投球内容は大隣の方がはるかに上でしたがね。
5回の併殺打後に、2回にいつもどおりのセカンドゴロ併殺打の
ペタジーニが、ランナーが居ないときに限ってヒットを放ち、
そのペタジーニが今日初めての残塁です^^;

7回の攻撃で、オーティズのヒット、小久保のフォアボール、
ここからマーフィーがおかしくなり、多村のさすがの右打ち本塁打で同点。
駄線の見所は結局ここだけ・・・@_@


先日、「山崎のリードが変化球に頼りすぎていて、変化球を
なんとか振らせようと四苦八苦している」と書きましたが、
今日もその傾向が出ていて、ジョニー黒木さんも指摘していましたね。
「ボールでも良いから、もっとストレートを見せないと」と。
先週の陽や、一昨日の大隣のようにコントロールもキレも良い時は、
それが通用するんでしょうが、今日の陽のコントロールでは難しいでしょう。
多分、陽の初回のストレートがことごとく明らかなボールになっていたから、
投げさせにくいと思ったのかもしれませんが。

黒木さんは、陽だけでなく、攝津の時にも同じ事を言っていました。
「元々ストレートとカーブだけでも抑えられる投手なのに、
変に色々な球種を投げさせて捕らえられている」みたいなこと。
最近、ホームの若菜さんをはじめ、どこの球場の解説者からも似た
ような指摘がされています。
攝津が打たれるケースが多くなっているのは、単に疲れだけではなく、
山崎の配球も関係しているのではないかという気がします。

多くの解説者が指摘していることですが、的山バッテリーコーチや
秋山監督、そして山崎本人はどう考えているのでしょうか。


西武が負けて、自力でのマジック減らしに失敗しているというのに、
ホークスも負けることで敵のマジックを減らしてあげるとは。
相変わらずお付き合いの良いチームだこと・・・@_@;

実に恐ろしいことですが、ヤフードームでの西武胴上げの可能性も
ますます高くなってきたということです。

西武に勝ったオリックスの金子は、杉内、和田より先に16勝。
明日の和田は絶対に負けられませんぞ。




この勝負強さはさすがですが・・・ベテランの働きだけではね~










09/14|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
H 2-1 M

勝利投手 [ ソフトバンク ] 大隣(3勝8敗0S)

敗戦投手 [ ロッテ ] ペン(1勝2敗0S)

セーブ [ ソフトバンク ] 馬原(4勝0敗28S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010082906/top


大隣、久々に勝ったな~。
良かった、良かった^^

まあ、必ずしも最高のピッチングではなかったけど、5回0/3を3安打の1失点。
いつもながらの少ない援護の中、最少失点で5回を投げたのだから、十分の合格点でしょう。

ただ、相変わらず失点の仕方が悪いんだよな~。
安打数は3ですが、いずれも長打。
カウントを悪くして狙い打たれるのもいつもと同じ。
タイムリーは初球だけど、あれも大隣らしいポカ^^;
課題はまだまだ残っています。

今日大隣が勝てたのは、森福の投球のお陰だと言って良いでしょう。
正直、あそこで森福は違うんでない?と思ったんですが・・・
最近は好投が続いていてブレイク中の森福ですが、大隣と同じ左投手。
単純に左投手としての球威、球質で考えたとき、やっぱり大隣とでは遜色があります。
相手打者も井口、キムと右打者が続くことから、ここは甲藤ではないかと思いました。

しかしそんな不安もなんのその。
代わり端、井口にヒットを許しますが、キム、福浦を連続三振。今江を内野ゴロ。
しっかりと火消し役を果たしました。ナイスピッチング!恐れ入りました^^


”いつもながらの少ない援護”と書きましたが、打線についてはいつもと同じ。
打つには打つけど、なかなか点には結びつかない。
今日のロッテ先発のペンは、ホークスにとっては初モノだったわけですが、
これが崩れそうでなかなか崩れない・・・と言うか崩せない。
このピッチャー、少なくとも今日は打ち崩さないといけないでしょう@@

4回の攻撃、4連打で2点取って、尚ノーアウト1・2塁。
このチャンスを潰したのは、またしてもペタジーニ。
あそこで併殺打とは・・・まだ三振してくれた方がよっぽどマシだった。
今日は2併殺打だし、やっぱりペタジーニ6番DHはきつくない?

小久保は今日は同点タイムリーを打ってはいますが、やっぱりお疲れ状態。
5回にはせっかく2アウトから作った満塁のチャンスで、ホームランを狙った打ち損じ。
状態が良い時なら大振りして仕留められたところかもしれませんが、
仕留められる確立が落ちてしまっている以上、あそこはランナーを帰す
バッティングに徹してもらいたかったと思います。
「(福岡で戦う)今週中に400号を達成したい」と発言していたようですが、
その発言の記事を読んだ時点で、「こりゃ今週中は絶対無理だな」と思いましたよ。
何とか今シーズン中には達成してもらいたいものですが、この状態ではいつになることやら。


今日の勝ちで再び単独首位です^^
出来れば昨日今日でロッテに差をつけたかったところですが、まあ仕方ありません。

来週はハムとオリックス戦ですか・・・
ハム戦でどこまで戦えるかだな。




本多は今日も魅せます。前に後に右に左に頼もしいセカンド^^











08/29|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。