FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
先日開催された「U-26NBP選抜vs大学日本代表」ですが、結果は知っていましたが、今日ようやく録画を観る時間がとれました。

そもそも何故こうした試合が企画されたのか、大学生側は当然20歳前後でしかチームが組めないのに対し、何故プロ側はU-26で、しかもオーバーエイジ枠があるのか等、幾つかの疑問がありました。
順調にいけば、この試合に出場した選手達が中心となって次回のWBCのメンバーが組まれる事になるでしょう。多分それを見越して、この試合が企画されたのかなと納得しています。
そして新井のようなベテランが参加したのも、次回のWBCチームを引っ張っていくリーダー的役割を担うことになるであろう選手だという期待がこめられていたのでしょう。

それはそれで納得なのですが、目先の戦いとして、プロ側はどういう意識でこの試合に臨んだのか、正直疑問が残る試合となってしまいました。
こういうメンバーで構成されたチームであるだけに、プロとしては大学生相手には絶対に負けられない試合であったはずです。そういった意識がプロ側に感じられなかったような印象を受けました。

新井を2打席だけで下げたというのもそう。中田翔のおよそプロらしからぬ走塁ミスもそう。
打球の行方もサードコーチも見ないで走塁なんてありえませんよ。
シーズン中、梨田監督がどうして中田起用に消極的なのかがよくわかりました。

負けはしなかったけれど、1-1の引き分けなんて結果は情けないですよ。
大学生チームにも良い投手が揃っていたのは間違いありません。
大学生とは言え、良い投手が良い投球をすれば、プロと言えどそうそう打てるものではないことはわかりますがね。しかも1イニングごとにピッチャーが変わりますし。
ただプロにしても大学生にしても、投手は良いけれど打者は小粒ばかりですね。

さてこのブログはソフトバンク・ホークスがテーマですから、ホークスの選手について少し書いておきます。
ホークスから選ばれた選手は、久米と大隣の投手2人。長谷川が入っていても良かったような気もしますが野手の出場はなし。
久米は一応3人で抑えましたが、レフトへ良い当たりされてましたね。
私が期待していたのは大隣。今回出場していた投手の中では一番の実績を持っている投手です。唯一2桁勝利も経験しています。
その大隣がプロ側の唯一の失点・・・(泣)
失点に繋がった打球は明らかに打ち取った当たりで、ヒットが記録されたものの明らかにショート・坂本のミスではありましたが、その前に2安打されてましたからね。その次の打者には今習得中のカーブを試投するも抜けてデッドボール。
これで1アウト満塁。ここにきてようやく本気モードになったのか、力のあるストレートで後続の2人を打ち取って3アウト。その内の1人は近畿大学の後輩だったことも、大隣に火がついた理由かもしれません。

しかし大隣、シーズン中よりも太って見えたような気がしたけどユニフォームのせい?
髪の毛はスッキリしてて良いんだけど(野球には関係ないか)、少し体絞った方が良くない?
ピッチャーだしね。

YouTubeですが、この試合の動画はあまり無いようです。仕方がないので中田翔のマズい走塁でも観てください。









スポンサーサイト
11/24|NPB選抜||トラックバック(0)TOP↑
Yhoo!ニュースより転載です。

 日本プロ野球機構(NPB)は11日、11月22日に東京ドームで行われる、セ、パ両リーグ誕生60周年記念試合『U-26NPB選抜-大学日本代表』の出場選手を発表し、NPB代表に坂本勇人内野手(巨人)、前田健太投手(広島)らが、大学代表からは斎藤佑樹投手(早大)、東浜巨(亜大)らが選出された。田中将大投手(楽天)は選出されず、マー君Vs佑ちゃんは実現しなかった。

 田中の不出場でマー君Vs佑ちゃんは夢に終わったが、日本一になった巨人の1番バッター坂本と斎藤の“同級生対決”が実現することになった。NPB選抜はオーバーエイジ枠で今季ゴールデングラブ賞を受賞した亀井、松本の巨人コンビに、ヤクルトの田中、阪神の新井が選ばれた。

 大学代表には斎藤、大石の早大投手2枚看板に、プロ大注目の亜大・東浜や東洋大エース左腕の乾、明治の不動のエース野村が選ばれた。野手では関西学生野球リーグで活躍中の関学大・萩原や東洋大4番の林崎、日米大学野球のメンバーでもあった東海大・伊志嶺や早大・土生が選出された。

 出場選手は次のリンクを
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000517-sanspo-base


この大会についてはほとんど知らなかったのですが、ホークスからは大隣憲司投手と久米勇紀投手が選出されているようです。

ところで「U-26」となっているのに怪しい選手もいるなと思い調べてみたら、プロ側からは年齢オーバーの選手も出場すると書かれてありました。
にしても、阪神の新井って・・・(笑)

まぁ、どんな基準で選ばれたのかはわかりませんが、他の出場選手をみるとなかなかの顔ぶれのようです。
大隣と久米には頑張ってもらいたいです。

特に大隣には個人的に凄く期待している投手です。
鳴り物入りで入団して、大きな期待をされながら、故障もあったりでイマイチのこれまでの活躍でしたが、今期終盤の数試合ではなかなか安定したピッチングをみせていました。
来期はブレイクするのではないかと、密かに(?)期待しています。
どんな試合であれ、自身の成長のための良い機会は是非生かしてもらいたいものです。

動画は大隣ではなく小久保ですが

小久保キャプテンも大隣には大きな期待を寄せています。








11/11|NPB選抜||トラックバック(0)TOP↑
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。