FC2ブログ
このブログを始めたのは昨年の10月21日。
ソフトバンク・ホークスにとって、この年の最終戦となったクライマックスシリーズの第1ステージ終了後という時期でした。
当初「YouTubeにアップされている動画を観ながらホークスの試合を振り返る」ことを趣旨とするつもりでした。
シーズン中は、試合後に感想を書き、YouTubeに動画がアップされれば、それを掲載する
シーズン外は、ストーブ談義や、これまでのホークスの試合をYouTube動画を利用して振り返る
という形でブログを進めていく予定でした。

ただ毎年のことなのですが、プロ野球のシーズンが終わってしまうと、次第に野球への関心が薄れてくるという習性が私には有りまして、仕事が忙しくなる時期ということもあり、徐々にブログ更新を怠るという結果になりました。

変にブログ更新を義務化してしまうのも嫌だし、シーズンが始まるまでは、時々思い立った時にだけ更新しようと思っています。
シーズンが始まれば、むしろ毎日の更新が楽しくなることだと思います。


さて、久し振りの更新となる今回のこの記事を書く切っ掛けは、今日放送されたテレビ番組です。
「激白!スポーツ名勝負のナゾ~石川遼からカール・ルイスまで衝撃の真相に迫る!~ 」
フジテレビの番組です。

オリックスの山崎浩司選手が昨年末の契約更改で、シーズン中の「隠し球」成功に対して大きな評価を得て、1500万円増の2700万円の年俸を勝ち取ったという話題を取り上げていました。

ホークスファンの人なら覚えているでしょう。
件の「隠し球」成功はヤフードームでの出来事です・・・

昨年6月30日の対オリックス戦。
被害者(?)は田上秀則捕手。
私もテレビ観戦しながら愕然としたのを覚えています。

今日の番組のゲストに楽天の元監督、野村氏が出演していましたが、やはり田上が悪いと一刀両断していました。

野村氏曰く、
「ベース上は安全地帯。その安全地帯を離れる時には、ボールが何処にあるのかをしっかり確認しなければならない」というような事でした。

ごもっとも。

「隠し球」なんて滅多にあるプレーではありませんが、危険地帯に足を踏み出す(ベースを離れる)時に、自分の身の安全を確認する(ボールの位置を確認する)ことは、基本中の基本だと思います。

「これはコーチの責任だ」という声もあるようですが、オリックスの近藤投手がいつまでもマウンドに上がらず不自然な行動をしていたこと(番組では自然な演技だと言っていましたが、私には自然だとは思えませんでした)、山崎選手には広島時代に巨人の阿部選手相手に「隠し球」を成功させるという有名な”前科”があること、しかもその山崎が、田上の高校の後輩であることを思えば、田上自身があまりにも迂闊過ぎであったと私は思います。
(普通、自分の後輩であれば余計に、有名な”前科”のイメージは強く頭にありそうなものです)

奇しくも阿部選手もキャッチャーではありますが、キャッチャーというポジションにある選手が、このような奇策にいとも簡単に嵌まるというのは恥ずべきことだと言えないでしょうか。

「いずれは城島がホークス復帰」というファンの希望が無くなってしまった以上、田上捕手には、ホークスの正捕手としてのますますの成長が期待されています。
過去の汚点を穿り返すような内容になってしまいましたが、田上捕手に期待するが故のことです。









スポンサーサイト



01/17|YouTubeで振り返る’09シーズン||TOP↑
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード