FC2ブログ
H 6-5 D

勝利投手 [ ソフトバンク ] ファルケンボーグ(2勝1敗1S)

敗戦投手 [ 中日 ] 平井(0勝1敗0S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010053006/top


今日は家庭サービス^^
録画観戦しました。
家庭サービス中もついつい試合が気になるのがわかっているので
今日は敢えて携帯は持たずに出掛けました。
結果がわかっていたら、観戦の楽しみが半減しますから。
しかし携帯が無いと不便なこと、不便なこと・・・^^;


今日はホークス・大隣と、中日・中田賢一が先発投手。
どちらも今シーズンなかなか勝てていない投手同士。
そんな二人が投げ合えばどんな結果になるのかということにも興味津々です。

で、どちらも似たり寄ったり・・・^^;
二人とも5回を投げきることが出来ず、どちらも勝ち負け関係なし。
しかも今期最短イニングで交代でした。

今日の大隣、なるべくテンポ良く投げようとする意図が見えていました。
ただ、そこを意識するあまりに、慎重さを欠いた投球になってしまったような気がします。
難しいものですね・・・。

初回は不運な部分もありました。
バント処理もあれはサードのオーティズの記録にならないミス。
オーティズの反応が悪過ぎ。
森野のセンターフライも、長谷川なら捕れていたと思うのですが。
何度か守備陣の守備能力の低下を指摘しましたが、恐れていたことが現実に・・・
きっちりと守ってさえいれば初回に3失点は無かったと思います。

初回で早くも「どうなることやら」という雰囲気が漂いましたが、
2回裏に同点に追いつきます。
多村、松中の連打の直後にペタジーニの初安打・初打点。
さらに山崎の2点タイムリー。
この上ない点の取り方だったと思います。

そして3回表は森野、ブランコ、和田を三者凡退。
大隣は完全に立ち直ったかと思いました。

・・・が、4回表に今度は本格的に崩れます@@;
怖い森野を三振に仕留めて2失点で終わらせた時にはホッとしましたが、
この回までで降板させられたのは仕方がないでしょう。

いつもと違うところは、4回までではありましたが四球が無かったこと。
本人も今日の登板で何かを掴んだということでしたから、それに期待したいです。
気分転換に一回位登板機会を開けた方が良いような気もしていますが、
チーム事情もチーム事情ですし、それは無いでしょう。
次の(多分)広島戦に期待したいと思います。
またマエケンと当たらないことを祈ります^^;
大竹も復帰しそうです(火曜日の日ハム戦という報道ですが)。
もしかすると来週はマツダスタジアムに行けるかもしれません。
楽しみです^^

(後日追記)
勘違いです。次の大隣の登板は甲子園でしょうね。
(追記は以上)

今日のリリーフ陣の働きは良かったですね。
甲藤も調子を維持していますし、藤岡も良かった。
攝津も含め、彼らは2イニングづつをノーヒットに抑えました。
最後のファルケンボーグは少しドキドキでしたが心配ないでしょう。
いつもご苦労様です^^


11回に山崎がランナーを3塁に進めて川崎に繋いだとき、勝てた!と確信しました。
必ずやってくれる男です。


次はヤクルト戦。
昨日ようやく連敗脱出したヤクルトですが、今日も負けています。
負けが続いた反動がくる前に叩いておきましょう。
ホークスが反動の切っ掛けにならないように注意してね^^

ところで火曜日は誰が投げるの???



今日のチェスト!は桜島じゃなくて宮崎に向けてもらいたかった・・・









スポンサーサイト



05/30|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
H 4-2 D

勝利投手 [ ソフトバンク ] 和田(7勝3敗0S)

敗戦投手 [ 中日 ] チェン(3勝5敗0S)

セーブ [ ソフトバンク ] 馬原(1勝0敗15S)

本塁打 [ 中日 ] 森野 8号(4回表ソロ)

     [ ソフトバンク ] 山崎 2号(5回裏ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010052906/top


交流戦前半は中日相手に連敗スタート。
どうにも波に乗れないまま前半戦を終えていただけに、
後半戦の頭はどうしても取っておきたいところ。
そういう意図があってか、今日は和田の先発で臨みました。
大隣かな?とも思っていましたが、これは頷ける投手起用です。

その和田ですが、何度かピンチはありましたが、要所要所をしっかりと締めるナイスピッチング。
6回を投げて5安打2四球で1失点、しかも10奪三振。
本人が反省するとおり、多少球数が多くなりましたが、それでも立派な数字だと思います。


相手ピッチャーのチェンも良かったです。
序盤を観ていて、今のホークス打線では捕らえられないのではないかと思えたほどです。
ハッキリ言って、結局最後まで捕らえられなかったと言ってもいいかもしれません。
5安打2四球で完投までさせてしまいましたから。

それにしてもホークス打線としては珍しく(笑)効率の良い点の取り方でした。
3回までノーヒット、4回に2安打で2得点、5回にソロホームランで1点追加。
6回、7回も三者凡退、8回は2安打1得点。たった5安打でも4得点で勝てました。

先日の巨人戦では、本多の盗塁死について苦言を書きましたが、
今日はその積極性(?)が、結果的に効を奏しました。
チェンのクイックも悪くなかっただけに、やはり本多の脚は驚異的です。
畏れ入りました・・・^^
あの盗塁が無ければ、2得点は出来なかったかもしれません。
しかも8回には貴重な追加点となるタイムリー・スリーベース。
今日のヒーローは本多でも良かったと思います。

勿論実際にお立ち台に立った山崎の今期2本目のビックリホームランも良い追加点でした^^


4回の勝ち越しタイムリーの松中も良い場面でのヒットです。
やはり復調とみて良いでしょうか?
ペタジーニはもうしばらく様子見ですね。

ただ、レフト・オーティズ、センター・福田、ファースト・ペタジーニという守備布陣は怖い・・・
明日が大隣となると余計に怖い@@
しっかり守ってあげてよ・・・





今日は多村がビックリ(笑)しかし今年の山崎は素晴らしい!









05/29|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
H 2-5 G

勝利投手 [ 巨人 ] 藤井(4勝1敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 小椋(2勝2敗0S)

本塁打 [ 巨人 ] 高橋 3号(3回裏ソロ) 、高橋 4号(5回裏ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010052701/top


惨敗惨敗@_@

相手投手はハム時代にも苦しめられた藤井。
リーグが変わっても苦手な投手は苦手なまま。
先日は横浜に移籍した元々得意だった投手にすら抑えられるし・・・
昨日は爆発したホークス打線ですが、基本的に不振なんですよね。


今日もラジオ中継を聴いていたので、映像はまだ観てないのですが、
解説の前田幸長さんの話では、今日の小椋は決して悪くはなかったとのこと。
1回の失点も不運な当たりが連続しての1失点、
さらに巧打者・長野を迎えてしまったことが災いして2失点。
しかし結果的にこの3失点でゲームが決まった形になりました。

3回と5回に高橋由伸に2打席連続ホームランというのもありましたが、
5回を投げて7奪三振、フォアボールは敬遠の際のひとつだけというのは、
小椋としてはかなり頑張ったと言えるのではないでしょうか。
特に4回の2死満塁という大ピンチで、坂本を三振に斬って取ったところは立派でした。
小椋には大きな自信となったことでしょう。


相手の藤井も良かったようです。
好投手に良いピッチングをされれば、そうそうは打てません。
それだけに4回の本多の盗塁失敗は痛かった。
連打で繋ぐ攻撃をさせてもらえない展開でしたから、
あそこで盗塁を試みるのは悪くないと思います。
ただ、2球目であっさり盗塁死というのはあまりにも勿体無い。
ただでさえ警戒されているのだから、もっと慎重に攻めてもらいたかった。
本多のような俊足のランナーが塁にいては、好投手と言えど気持ちよくは投げられません。
しかも相手にとっては怖いオーティズの打席。
もっと揺さぶりをかけていれば、何が起こるかわからないものです。
あそこでカウント1-1、ランナーが居なくなってチェンジアップ2球であっさり三振・・・
本多にはもっと高いレベルの野球を目指してもらいたいものです。


昨日、復調の兆しを見せた松中でしたが、今日は(も)全然ダメでした。
考えてみれば、昨日は楽な打席になってからの2安打でしたからね。
昨日の最初の2打席や、今日のようなプレッシャーのかかる打席で打ててこそ、
本当の復調だと言えるのかもしれません。


交流戦もようやく一周りしました(横浜戦が1戦未消化ですが)
「得意の交流戦で一気に上に」と期待していましたが、ここまでのところ期待はずれ。
西武もロッテもなかなか負けないし、日ハムの好調ぶりも不気味です。
ホークスもうかうかしてはいられませんよ。

取りあえずはホームで中日にリベンジといきましょう!
頑張れ、大隣!!










05/27|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
H 10-2 G

勝利投手 [ ソフトバンク ] 杉内(8勝1敗0S)

敗戦投手 [ 巨人 ] ゴンザレス(3勝6敗0S)

本塁打 [ ソフトバンク ] オーティズ 16号(4回表ソロ) 、本多 2号(6回表2ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010052601/top


快勝快勝^^

「杉内は中9日だ。登板間隔が開きすぎ・・・」
「しかも前回登板で打たれた・・・」
「打線は昨日お得意さんに完封された・・・」
などといった不安材料はものともせず、
交流戦の最大の山場と言える2連戦の初戦は圧勝です。

それにしても杉内が投げるときはよく打つ打線だ^^


今日の試合の映像はまだ観てないのですが、
杉内は相当に気合が入っていたようですね。
5回までに8奪三振というのが、それを物語っています。
ただ、前半でかなり気を使ってしまったためか、
杉内の奪三振ショーは5回まででした。
まだまだ本調子ではなさそうです。
でもさすがのエースの投球だったと言えるでしょう。

今日で8勝目。交流戦中に10勝達成の可能性が高まりました^^


今日はラジオのインターネット配信を聴いていたのですが、
やけに放送席に近いところに、ホークスの応援団がいるなと思っていたら、
本多のお母さんや知り合いが10人位で陣取っていたそうです。
本多もそれに発奮したのか、2号2ランも飛び出しました。
(俗に言うドームランだったようですが)
「本多そっくりのお母さんも大喜びです!」という実況には笑いました^^


今日の試合の勝因は、当然5回の連打ということになります。
そしてその切っ掛けを作ったのは、山崎のヒットと杉内のバント成功。
あれがベンチの雰囲気を変えたのでしょう。
それから川崎と本多の足(イメージ)が、ゴンザレスのピッチングを狂わせました。
昨日の試合の鬱憤を晴らすかのような、その後の怒涛の攻撃は気持ち良かったです^^


不満をひとつ。秋山監督について。
5回のノリノリの場面、今日2打席しか立っていない明石を引っ込めてしまいました。
左投手に代わっていたからでしょう。
中澤を出すこと自体には文句はありません。
結果的に7回には初安打、初打点をあげてもいますし。
ただ、あの場面はそのまま明石に行かせてあげたかった。
今日2三振だった松中が、左ピッチャーに代わって打ったように、
かえって明石にとっても良い結果が出るということもあり得ると思います。
そもそも、あの回すでに5得点していたわけだし、敢えて代打を出す必要も無かったでしょうに。
あんな選手起用をしているから、若い選手がなかなか育たないのでは?


ラジオの実況アナウンサーは、明日のホークス先発は大隣か小椋か
わからないと言ってましたが、多分小椋でしょうね。
大隣の場合中5日だし、今シーズンの投球内容は小椋の方が安定しています。
大隣贔屓の私としては、大隣登板も面白いと思うのですが。
巨人打線を抑えられれば、悩める将来のエースの大きな自信にもなりそうです。

でも東京ドームじゃ正直怖い・・・^^;












05/26|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
H 0-8 YB

勝利投手 [ 横浜 ] 清水(5勝3敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 岩崎(0勝1敗0S)

本塁打 [ 横浜 ] スレッジ 12号(7回裏2ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010052501/top


あまりにも酷い・・・
今日も完敗です。


相手が清水直行だからなんとかなるかと思っていました。
ロッテ時代の清水は、どちらかというとお得意さんでしたから。
いや勿論ロッテのエースと呼ばれた投手だし、決してイージーな投手
でないことはわかっています。
たまに完璧に抑えられることもありましたし。

今日は結局、捕らえられそうで捕らえられませんでした。
なんせ今日のホークスは6安打。
内3安打は多村、2安打は川崎。
これじゃ点の取りようがありません。

今TBSサイトの録画映像を観ていますが、清水は決して本調子ではなかったようです。
でも球を低めに集めながら、ゴロを打たせるピッチングに徹していました。
実際にゴロアウトの山。そこはさすがベテランというところです。


昨年と一昨年は全戦全勝の横浜戦。しかも清水。
その相性の良さを考慮しての岩嵜の先発起用だったのでしょう。

しかしですね、まだ1軍で実績の無い投手を使うのであれば、
それなりの守備陣で固めるべきでしょ。
サードにオーティズ、レフトに松中って・・・@@
これで若手投手に思い切って攻めろなんて無理な注文ですよ。
右の強打者のインコースを狙うのも怖すぎる。
ここにも選手が育たないという深刻なチーム事情が露呈しています。
まぁそれなりに自覚があったのか、今日のオーティズは良い動きをしていましたが。
でも2回のランダウン・プレーはいただけないですね。


今日の陽の投球は良かったです。
いつもこれくらい投げてくれれば良いのですが。
久米はグダグダ投球でした。
1軍レベルではありません。


明日の杉内に期待しましょう。










05/25|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード