FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 6-1 Bs

勝利投手 [ ソフトバンク ] 大隣(2勝7敗0S)

敗戦投手 [ オリックス ] 山本(7勝6敗0S)

本塁打 [ ソフトバンク ] 田上 4号(5回表ソロ) 、オーティズ 21号(5回表2ラン) 、
               松田 8号(8回表ソロ)
     [ オリックス ] T-岡田 20号(8回裏ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010071606/top


大隣、ナイスピッチング!

久々に大隣の、大隣らしいピッチングを見ることが出来ました^^
序盤球数が多かったですが、そこも大隣らしいということで・・・

もっとも、先頭打者の坂口にフォアボールを与えたときには
「どうなることやら」と思いました。
でも久々の1軍マウンドでしたが、落ち着いていましたね。
2軍落ちする前の数試合は、無理にテンポ良く投げようとして、
雑な投球になっていたように見えましたが、今日は慎重に投げていました。
それでいてテンポもリズムも悪くならなかったのが良かったです。

でも多分、本人の中ではまだまだという感覚だったのではないでしょうか。
ストレートには力はありましたが、球速的にはもっと出るでしょうから。
変化球は良くコントロールされていました。
とんでもない逆球もありましたが、そこも大隣らしいところです^^;
適度な荒れ球というのも大隣の持ち味ですし。

今年の大隣は勝ち運というか、ツキにも見放されていましたが、
今日はそのツキにも恵まれていました。

まずは5回のホークスの攻撃。
オーティズの打ち上げたファールをキャッチャーが落としてくれたところ。
あれを捕られていたら、直後の2ランは無かったわけですから。

それと6回の長谷川の打席での主審の誤審。
長谷川は明らかなデッドボールで、本人もそれをアピール。
しかしキャッチャー鈴木はバットに当たったんだと主張し、主審もそれを認めました。
秋山監督も抗議に出てきましたが認められず、ファールとしてゲーム再開。
長谷川はその打席で安打を放ち、2塁ランナーも3塁に進み、チャンスを拡げます。
そして次の田上のところで、キャッチャーがパスボール、1点を追加します。
(追記:ファールではなく、ボール判定だったようです。録画で確認しました)

そのパスボールも、少し後にそらしただけで、普通はなかなか本塁へは
突っ込めないところでしょうが、そこは3塁ランナー福田の好判断でした。
内野安打となった松中がピッチャーと交錯して、代走として福田が出たわけで、
あそこで福田に代わっていなければ、追加点も無かったかもしれません。
そういう意味では、松中には気の毒ですが、あれもツキだったと思います^^;

こういったツキにも恵まれての2勝目。
今後の大隣の快進撃に期待したいです。


松中の負傷(?)がツイていたというのは言葉が悪かったですが、
しかしあの時の全力疾走は良かったです。
たまにここでも松中の批判めいたことを書いてはいますが、
ああいうプレーも間違いなく松中の魅力のひとつだと思います。


松田にも久々にホームランが出ましたし、今日は本当に良い試合でした^^
大隣の先輩である甲藤が打たれたT-岡田のホームランは余計でしたが・・・
まっ、仲良し同士、仲良くケンカしてください(笑)


ああ、今日は気分が良いな~




ツキがもたらしたホームラン^^



スポンサーサイト






07/16|’10 対オリックス・バファローズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。