FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 2-0 M

勝利投手 [ ソフトバンク ] 山田(2勝2敗0S)

敗戦投手 [ ロッテ ] 成瀬(8勝9敗0S)

セーブ [ ソフトバンク ] 馬原(4勝0敗22S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010073004/top


久々に痺れるゲームでした。
決して最高のゲームではなかったけど、とにかく痺れました。

勿論投手陣のこと。特に山田の投球は見事でした。
試合前、正直「今日は負けだな」と思っていましたが、
その予想を裏切ってくれました。

そして決して予想を裏切らないのがホークス打線^^;
やっぱりいつも通り、打てない・・・あと一本が出ない・・・
左投手を打てない・・・苦手投手を打てない・・・しかも揃いも揃って・・・
特に主軸の不振は深刻ですな。

打線への不満は、ロッテサイドも同じでしょう。
ロッテ側からすると、再三のチャンスを悉く潰してしまいました。
成瀬が良いピッチングをしていただけにね・・・
ホークスファンには有り難いことですが^^

今日の試合は多村次第かな?と思っていましたが、
最後の最後にやってくれました^^
しかしそのお膳立てをしてくれたのは、なんと城所(笑)のスリーベース。
打線では城所が予想を裏切ってくれました^^
今日の打のヒーローは、間違いなく城所です。


本当に今日の山田のピッチングには痺れさせてもらいました。
決して楽なピッチングではなかったのですが、崩れそうで崩れない。
再三ピンチを作りながらも、その度に乗り越える。
ピンチの場面での、キム・テギュンとの2度の対戦は見応えありました。

強いて難を挙げれば、各回の先頭打者への投球。
ピンチになる回は、必ず先頭打者を出塁させています。
ヒットで出塁は仕方ないにしても、フォアボールはいただけません。
見方を変えれば、先頭打者を簡単に出塁させたことが、痺れるゲームにした要因。
そこが今後の課題でしょうな。


明日は杉内です。負けるわけにはいきません。
と言うか、負ける気がしませんね。
打線次第であることは言うまでもありませんが。




ここは最高に痺れました



スポンサーサイト






07/30|’10 対千葉ロッテ・マリーンズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。