FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 1-2 F

勝利投手 [ 日本ハム ] 榊原(8勝1敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 馬原(5勝1敗30S)

セーブ [ 日本ハム ] 武田久(0勝5敗15S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010091006/top


何だろうね~、この糞試合は・・・
勝たんといかんだろうよ、今日の試合は@@

9安打ですよ、9安打。
で、1点かい。
ハムは9回までで3安打。
で、延長戦かい。

ボケ実況もグダグダ解説(・か田部)も、武田勝を攻略した的な
ノリ気味になっていたけど、攻略したとは言わんだろ。
確かに小久保、多村のさすがの攻めもあったりで、多少はいつもより
プレッシャーをかけることはできたんでしょうが。

4回のその小久保と多村の打席は、なかなかの感動モノでした。
長谷川がヒット出塁で、小久保の意表を突いたセーフティバントの試み。
これはファウルになりますが、相手を動揺させるには十分でしょう。
しっかりヒットで出塁します。
続く多村も、小久保に触発されたのか送りバントの構えを見せます。
これも驚きでしたが、相手バッテリーも野手も驚かされたと思います。
勿論、実際に送りバントをすることはなく、センター前へタイムリー。
同点に追いつきます。

・・・で、ここまで。
この二人の頑張りだけでは勝てませんよね。

それにしても今日の小久保の意気込みは凄かった。
終始、いつも以上に鋭い眼光でした。
しかし今のこのチームには、そのキャプテンの気迫が伝わらない。

最初からミスの連発でしたね。
初回の攻撃での3塁ランナー川崎の、キャッチャーによる牽制死。
ピッチャー山田のベースカバーの遅れ。
その直後の山田のファーストへの牽制の悪送球で、ランナーを進塁させる。
さらには、山田の打球処理を焦り、ファーストへの悪送球。
(これは事無きを得ますが)

まあ、それでも選手達はそれなりに頑張ったと思います。
それより疑問なのが、今日のスタメンオーダーと代打策。

3番に長谷川を入れたのは正解。
疑問は城所のところ。
いや、城所を入れた意図はわかるんですが・・・
それが最初のチャンス(2打席目)で凡退したからって、
2度目のチャンス(3打席目)で柴原に代えるところが腑に落ちない。
だったら、柴原スタメンで良かったのでは?

二人とも打席に立つ機会が少ないのに、いきなりチームが苦手にしている
武田勝を打てというのも酷でしょうに。
3打席目ですぐに代打を送るくらいなら、より経験の多い柴原をスタメンで
いかせるべきなんじゃないでしょうか。
もし最初のチャンスで凡退したとしても、次は打てたかもしれないし。
なんなら、3打席目も城所に立たせてみても良かったのではないか。
勿論「タラ・レバ」の域を出ない考えでしょうが、今日のこの選手起用を
見てしまっては、そう考えざるをえないのですが・・・
武田攻略の策のつもりでしょうが、そういう意味でも中途半端となりました。

結局、常日頃の策なしの監督采配による弊害でしょう。
困った時だけ打席に立たせてみても、良い結果は出ないと思います。
全くのギャンブル采配ですよ。

最後の攻撃でも、点が取れなければ負けというところで、
明らかに絶不調の本多に代打を出すようなことも無いし。


延長10回表の、ひちょりのスクイズ。
梨田監督の采配にやられましたね。
監督力の差による負けだとしか思えません。

西武はロッテとの死闘の末、勝利したようです。
ホークスのチーム力は間違いなく劣っていますね。


明日は杉内とダルビッシュ。
不調続きの杉内が心配と言うよりも、今の打線がダルビッシュを打てるのか。
そちらの方がずっと心配です。




初回にいきなりのコレでは・・・




スポンサーサイト






09/10|’10 対北海道日本ハム・ファイターズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。