FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 9-7 L

勝利投手 [ ソフトバンク ] 金沢(1勝1敗0S)

敗戦投手 [ 西武 ] シコースキー(2勝4敗33S)

本塁打 [ 西武 ] 片岡 12号(1回表ソロ) 、中村 21号(9回表ソロ)

      [ ソフトバンク ] ペタジーニ 10号(5回裏ソロ) 、松中 10号(6回裏3ラン) 、
                小久保 15号(11回裏2ラン)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010091806/top


テレビ観戦でも興奮できる、久々の熱い試合でした^^
やっぱり優勝を知るベテランの存在は大きいです。

ひとつ謝っておかなければなりません。松中に・・・です。
「まだ終わった選手だとは思わないけど、今年は無理でしょう」
などと以前に書いてしまいました。
今日の同点打となる3ランは見事でした。

ああいう場面でホームランを打てるところ。
やや低い弾道のようにも見えましたが、力強いライナーがそのままスタンド
へと飛び込んでいくあたり、やはりまだまだ活躍できる選手だと思いました。
しかも西武のエース涌井(決して本調子だったとはいえませんが)の
力強いストレートを打ち返していましたからね。
いや、恐れ入りました。

そしてやはり小久保ですね。
8回のバント、あれはサインだったと言うよりも、本人の意思だったようです。
4番としてのプライドをかなぐり捨てて、チームの勝利を優先させるキャプテンシー。
さらには勝利を決めるサヨナラ2ラン。
松中同様、あんな場面で甘い球を一発で仕留められる集中力も流石でした。


涌井に勝つことは出来ませんでしたが、それでも杉内より先にマウンドから
引きずりおろせたのは良かったですね。
涌井と杉内の対戦は随分久し振りだったと思うんですが、昨年のオールスターで、
杉内と一緒に放送席に呼ばれた涌井が、「杉内さんと投げ合って、まだ勝った事が無い」
と言ってたのを思い出しました。これってジンクスだと考えて良いですよね^^


相変わらず不調続きの杉内、川崎、本多、3点差を同点に追いつかれた馬原、
このあたりは不安を残すところ。

それでも今日の秋山采配は珍しく^^;ズバズバ的中しました。
最初は「また?」と思わせた3番松中、杉内より先にキャッチャーを代えたところ、
田上がヒット、川崎が四球で出塁した場面での本多へのバント指示(3点ビハインド)、
小久保のバントの後多村は凡退しますが、ペタジーニ敬遠四球の次の長谷川への
代打オーティズ。
オーティズはサードゴロの当たりでしたが、ベースを直撃してのタイムリー。
あそこでは秋山采配がツキをもたらしたようにも見えました。

それから馬原が打たれて1点取られ、監督自らがマウンドへ向かい、馬原に気合を
入れに行ったシーン。私はああいう熱さを監督に求めていたんです。
直後に併殺打に打ち取ります(但しここでもう1点追加されます)。

その後の同点被弾は、あれは単純に馬原の問題ですね。
今日の監督が見せたあの熱さは評価したいです。

出来れば9回で終わらせてもらいたかったところですが、とても良い試合でした。


西武のマジックは4のまま。これで少なくとも明日の胴上げは無くなりました。
厳しい状況には変わりありませんが、明日の大隣にかかるプレッシャーは軽くなったと思います。
どうかこの勢いで、苦手の帆足を叩いてもらいたいものです。
明日も勝てば本拠地胴上げも無くなる!奇跡の優勝もあり得る!頑張れ!!




奇跡の始まりとなるか・・・


故障を抱えた状態でストレートのみで小久保と勝負・・・無謀です^^





スポンサーサイト






09/18|’10 対埼玉西武・ライオンズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。