FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
終戦後早2日、終わった直後のショック、悔しさは随分癒えてきたように思います。
でもセリーグの試合での中日の圧倒的な強さを観ていて、またまた悔しさが込み上げてきたりして・・・

ホークスほどではありませんが、中日にもブランクがあったわけですが、中日の方にはあまり影響は無さそうですね。

しかしどうしてうちはあれほどに打てなかったんだろう・・・
このシリーズで、ホークスが完全に自力で取った点はほんの僅か。
チームの選手揃って打てませんでしたからね。
山崎がホークスのリーディングヒッターですよ@_@;
かと言って、山崎がラッキーボーイだったわけでもなし。


「ホークスの選手よりもロッテの選手の方の気迫が勝った」
こういう声が聞こえてきます。私もそうだと思います。

選手達は勿論勝ちたい気持ちでいっぱいだったと思うし、ロッテの胴上げを見つめながらの涙が、負けた悔しさを物語ってはいました。

でも何かが違った・・・

その違いこそが、最終戦後にここに書いた成瀬とホークス投手陣の球数の差という数字に表れてきたのかと思えてなりません。

西武とのあの最後の3連戦のホークスには、確かに凄い気迫があった。
今思えば、あそこでついたチームの勢いが、優勝が決まった瞬間に燃え尽きてしまったのかと。
一度リセットされた気持ちが再び燃え始めるには、あまりにも間隔が開きすぎました。
しかも春のオープン戦ほど実戦が積めるわけではありませんからね。やはり厳しい。


結局不完全燃焼のまま調整期間を過ごしてしまい、いざ本番へ。
ほんの5日前に西武のエース涌井と投げあったばかりの、気合充分の成瀬にやられてしまいます。

と言うか、成瀬と言うよりも、私は元ホークスの的場にやられたと思っています。
このシリーズ最終戦の成瀬は里崎と組んだわけですが、随分と攻め方が違っていました。
里崎は外角中心に配球していたのに対し、的場は内角中心に攻めてきていました。
しかもホークスの打者がストレートに振り遅れていると見るや、ストレート中心に。
そこにコントロール良く、外に変化球を投げられるものだから全然合わない。
元々緩急に弱いホークス打線は手玉に取られてしまいます。

ホークスの各打者は、初日で完全にバッティングを崩されてしまったのかもしれません。
それを最後まで修正できなかったことが、貧打のまま終わってしまった原因なのでしょう。
このシリーズのMVPは成瀬が獲得しましたが、影のMVPは的場だったと言えそうです。

昨年の田上の活躍から、城島を本気で捕ろうとせず、さらには的場も戦力外通告。
そのホークスはこの一年捕手に苦しみ、CSでは的場に苦しめられる。皮肉ですね。

ホークスの選手に、西武3連戦以後の気迫が無かったことを如実に示す良い例が第5戦でも見られました。8回裏のホークスの攻撃の時です。
本多、オーティズの連打で1点差に差を縮め、尚ノーアウト2塁の場面。
数少ないチャンス、西武戦の時の小久保なら、バントをしてでも確実にランナーを進める事を考えていたでしょう。しかしここでは、右打ちでランナーを進めたい気持ちしか頭に無かったようです。

あの場面は、4番打者として思い切って引っ張って長打を狙いにいくか、
進塁させたいのであれば、初球バントで確実に送る事を考えてもらいたかった。
ワンアウト3塁にしていれば、犠牲フライでも同点に追いつけるわけですし。
本人も打線も湿っていることを考えれば、バントの方がやはり固かったと思います。
キャッチャーの里崎も、小久保の右打ちの意識を完全に読んでいたみたいです。
「右打ちは簡単にはさせないぞ」という配球で三振に取られてしまいました。

シーズン終盤の勢いのあった時期のホークスは、小久保だけでなく、オーティズが
「小久保さんもやるのなら自分も」とバントを決めてみせたり、多村もまたバントの
構えを見せて相手を動揺させたり、と意表を突いた攻撃が出来ていました。
このシリーズでは、そういった「何が何でも勝つ!」という気迫というか姿勢が
ほとんど見られませんでした。そこが残念でなりません。


・・・と、打者についてのことだけで長文になってしまいました。
他にも投手のこと、守備のこと、監督采配を含めたベンチワークのこと、色々と思うところはあるんですが、それは明日以降に書くことにします。


今日のところは最後にもうひとつ。多村のメジャー行きの報道がされています。
マスコミ報道しか目にしていない段階ですので、あまり突っ込んだことを言う時期ではありませんが(ダルビッシュ報道にしろ、マスコミ報道はあてになりませんし。ダルビッシュも中島も残留が確定的になると、今度は西岡だそうです。マスコミは何が何でもメジャー移籍ネタが欲しいようで・・・)、もしその多村の気持ちが本当なのなら、別に引き留める必要はないと思います。
要するにホークスから気持ちが離れているということなんでしょうから、無理に引き留めたところで、ホークスの今後のためにならないと考えます。居なくなれば痛い戦力であることは確かですがね・・・


スポンサーサイト






10/21|’10シーズン その他||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。