FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 2-5 G

勝利投手 [ 巨人 ] 藤井(4勝1敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 小椋(2勝2敗0S)

本塁打 [ 巨人 ] 高橋 3号(3回裏ソロ) 、高橋 4号(5回裏ソロ)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010052701/top


惨敗惨敗@_@

相手投手はハム時代にも苦しめられた藤井。
リーグが変わっても苦手な投手は苦手なまま。
先日は横浜に移籍した元々得意だった投手にすら抑えられるし・・・
昨日は爆発したホークス打線ですが、基本的に不振なんですよね。


今日もラジオ中継を聴いていたので、映像はまだ観てないのですが、
解説の前田幸長さんの話では、今日の小椋は決して悪くはなかったとのこと。
1回の失点も不運な当たりが連続しての1失点、
さらに巧打者・長野を迎えてしまったことが災いして2失点。
しかし結果的にこの3失点でゲームが決まった形になりました。

3回と5回に高橋由伸に2打席連続ホームランというのもありましたが、
5回を投げて7奪三振、フォアボールは敬遠の際のひとつだけというのは、
小椋としてはかなり頑張ったと言えるのではないでしょうか。
特に4回の2死満塁という大ピンチで、坂本を三振に斬って取ったところは立派でした。
小椋には大きな自信となったことでしょう。


相手の藤井も良かったようです。
好投手に良いピッチングをされれば、そうそうは打てません。
それだけに4回の本多の盗塁失敗は痛かった。
連打で繋ぐ攻撃をさせてもらえない展開でしたから、
あそこで盗塁を試みるのは悪くないと思います。
ただ、2球目であっさり盗塁死というのはあまりにも勿体無い。
ただでさえ警戒されているのだから、もっと慎重に攻めてもらいたかった。
本多のような俊足のランナーが塁にいては、好投手と言えど気持ちよくは投げられません。
しかも相手にとっては怖いオーティズの打席。
もっと揺さぶりをかけていれば、何が起こるかわからないものです。
あそこでカウント1-1、ランナーが居なくなってチェンジアップ2球であっさり三振・・・
本多にはもっと高いレベルの野球を目指してもらいたいものです。


昨日、復調の兆しを見せた松中でしたが、今日は(も)全然ダメでした。
考えてみれば、昨日は楽な打席になってからの2安打でしたからね。
昨日の最初の2打席や、今日のようなプレッシャーのかかる打席で打ててこそ、
本当の復調だと言えるのかもしれません。


交流戦もようやく一周りしました(横浜戦が1戦未消化ですが)
「得意の交流戦で一気に上に」と期待していましたが、ここまでのところ期待はずれ。
西武もロッテもなかなか負けないし、日ハムの好調ぶりも不気味です。
ホークスもうかうかしてはいられませんよ。

取りあえずはホームで中日にリベンジといきましょう!
頑張れ、大隣!!




スポンサーサイト






05/27|’10 交流戦||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。