FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 10-5 YB

勝利投手 [ ソフトバンク ] 摂津(3勝1敗0S)

敗戦投手 [ 横浜 ] 加藤(0勝1敗0S)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010061006/top


う~ん、残念!
ゲームには勝てましたが、残念な試合となりました。
勿論、育成から這い上がってきたプロ初先発の山田に勝ち星をあげられなかったこと。

でも打たれたのが攝津だから仕方がないと言えば仕方がない。
山田自身、今後必ずお世話になることになる投手ですからね。
攝津もさすがに気負いがあったのかもしれません。
珍しくコントロールも球のキレも悪かったです。
直後に打線が奮起して、攝津が勝ち投手となったわけですが、
今日、一番悔しいのは攝津であることでしょう。


山田はさすがに初回はガチガチだったのでしょう。
ほとんど自滅と言える形での3失点。
どうなることか?と思わせましたが、それ以降は立ち直ります。
その裏に相手投手の立ち上がりもグダグダで、山田の失点以上の得点を
得られたことも大きかったのでしょう。
6回を投げて被安打4、四死球5、失点3という数字は立派です。
四死球も初回に4つで、2回以降は1つだけです。
まさかの攝津の乱調が無ければ、十分勝ち投手にふさわしい内容でした。
(攝津の乱調と言っても、決してグダグダではなかったのですが)
初めてであれだけのピッチングが出来る投手ですから、すぐに勝ち星は付くでしょう。

今日のお立ち台に山田も上げたのは良い配慮だと思います。
実質勝っていた試合ですし、お立ち台に迎えられ祝福を受けたことは、
山田自身も報われた思いでしょう。
そして攝津にとっても救われた気分だと思います。


しかし投打がかみ合わない試合の典型のような流れでした。
相手投手が立ち直ってからは、ホークス打線も本調子に戻ってしまいます@@;
2回~6回は1安打のみ。ヒットは出ても繋がらなかった昨日よりも悪い。
この間に1点でも取れていれば、山田に勝ち星が付けられたでしょうね。
勿論”タラ・レバ”ですが。

それでも今日の守備は良かったです。
川崎も、オーティズも、ペタジーニも。
好守が山田の失点を初回の3点のみに抑えたと言っても良いでしょう。
特に5回の川崎の後ろ向きのキャッチは、スーパープレーと言うよりもミラクルプレーです^^


打線では、やはり山崎が大きな働きをしています。
チャンスでの集中力は凄いです。
”打てないキャッチャー”の汚名を完全に払拭しました。

ペタジーニも本当に凄い打者ですね。
打球の速さも凄まじいし、選球眼が良いから簡単に凡退ということも少ないです。
昔ほどのホームランの数までは期待できないかもしれませんが、それでも安定して
打ってくれそうです。
昔のイメージもあるし、相手には脅威でしょうね^^


それにしても横浜は7連敗ですか・・・
尾花監督も頭が痛いところですね。
尾花監督にしても島田コーチにしてもホークスの功労者だし、
あまりいじめたくなかったのですが。
そこは勝負の世界ということで・・・


今日の試合の終了後、ロッテ・広島戦にチャンネルを変えてみました。
するとマウンドには見慣れた顔が・・・。
山田秋親です。しかも的場とのバッテリー。
私が観たのは8回の頭からだったのですが、3人をピシャリ。
今年は新天地で完全復活したようですね。
ホークスの新しい山田の今後の活躍は勿論ですが、
古い(?)山田のホークス戦以外での(笑)活躍にも期待したいです。




川崎のミラクル・キャッチ 川崎「ポン!目が後ろにも付いとる」



スポンサーサイト






06/10|ストーブ談義||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。