FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--/--|スポンサー広告||TOP↑
H 4-6 L

勝利投手 [ 西武 ] 武隈(1勝0敗0S)

敗戦投手 [ ソフトバンク ] 杉内(9勝3敗0S)

セーブ [ 西武 ] シコースキー(0勝2敗21S)

本塁打 [ 西武 ] 細川 6号(3回裏満塁)

試合の結果・詳細は⇒ http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2010062004/top


やはり今年の杉内はおかしい???

交流戦に入ってからおかしくなったわけではありません。
今シーズン、対日ハムの4回戦で完封こそしてはいますが、
あの試合にしたところで、必ずしも本来の杉内の投球とは
言えない内容だったと思います。
勝ち星こそ順調に上げてきていましたが、どちらかと言うと、
杉内が投げるときは何故かよく打つ打線に助けられた
勝ち星がほとんどでした。

この数試合は特におかしいですね。
中5日で回すことでリズムが狂ったのか?と思っていましたが、
今日は本来の中6日での登板。
単にまだ本来のリズムを取り戻せていないだけなんでしょうか?
山崎の負傷退場で、キャッチャーが代わったことも余計にリズムを狂わせたか?
(山崎も心配です・・・)
前にも書きましたが、どこか体に不調を抱えているのではないかという不安もよぎります。
杞憂であることを祈ります。

今年の杉内が不調であることは、防御率にもハッキリ表れています。
今日の試合で遂に4点台にまで落ちてしまいました。
この時期に9勝している投手の防御率ではありませんね。
良く言えば、勝ち運に恵まれているということでしょうが。


今日は杉内ということで(?)、打線も点を取っていましたが、
杉内がそれ以上の失点をして、早々と3回までで降板するやいなや
まるっきり打てなくなってしまいます@@
4回以降は1安打のみ・・・

で、結局、西武の2番手、20歳の武隈投手にプロ初勝利をプレゼント。
うちの2番手以降の投手も失点0で抑えていたんですがね・・・
これも前にも書きましたが、よその若い投手には気前の良い打線です。

尤も今日の場合、主審のブレブレの判定も気になりました。
栄村さん、相変わらずです。
特にアウトコースのストライクゾーン。
左打者には広いかと思うと、右打者にはやけに狭かったり。
オマケに打者によってもブレがありました。
右投手、左投手でもブレていたし。
両チーム問わず、打者やキャッチャーの「エッ?」のリアクションが多かったです。
両チームとも同じ条件と言えばそれまでですが、ファンの贔屓目かもしれませんが、
どちらかというとホークスに分が悪かったような気がしました。

ところで武隈投手は、あのかつてのオリックスのエースで現オリックスの投手コーチ
星野さんの高校の後輩だそうです。
だからというわけではないでしょうが、何となく投球スタイルが似ていますね。
同じ左投手で、ストレートもそれほど速くはないのですが、ドロンとした大きなカーブが
効果的に決まっていました。
スリーボール投球が多く、コントロール的にはまだまだでしょうが。
(これにしても、あの主審の判定ですからね。良くも悪くも)
そう言えば、ホークス打線は星野さんも苦手にしていましたね。


折角交流戦終盤に4連勝して、首位西武とのゲーム差を縮めていましたが、
その西武との直接対決で3連敗、交流戦最終試合から4連敗です。
この3連戦で3連勝していれば逆転していたのですが、逆に突き放されてしまいました。
とにかくこんな戦い方を続けていては、今年も優勝は望めそうにありませんね。

それにしても西武では投手・野手共に若手が伸びてきているというのに、
どうしてホークスの若手はいつまでも出てこれないんでしょうか。
秋山監督だけでなく、2軍監督(鳥越か・・・)、コーチ陣にはしっかりしてもらいたい。
特に2軍の選手育成能力に、何か欠陥があるのではないかと疑ってしまう今日この頃です。





スポンサーサイト






06/20|’10 対埼玉西武・ライオンズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
2011年カレンダー

杉内俊哉



本多雄一



川崎宗則

ダルビッシュ推奨!

ツイッターでダルビッシュ投手が推奨しているプロテインです。
DNSのプロテイン「ジープラス」最高です


ツイッターでダルビッシュ投手が紹介しているミネラル・サプリメントです。
寝る前に飲むサプリ「ZMA」。めちゃ大事です。
30代にもチャンスあり!
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。